トップページ部門・センター紹介 > 安全で安心な医療のために

看護セミナーについて

医療安全への取り組みに係る指針

九州労災病院は、理念である「共に創りだす安全で良質な医療」を実現するため、医療安全対策の基本的考え方に基づき、安全な医療の推進を行っています。

医療安全対策の基本的考え方

当院の使命は、適切かつ安全な医療を提供することにあり、その使命を阻害する要因は取り除かなければならないと考えています。
当院で取り組むべき事故等対策は、事後的な対応とともに、事故等を未然に防止する観点から取り組みがなされています。
これらの取り組みに当たっては、医療は病院の医療提供システムに則って提供されるものであること、また、各職種の医療行為が連動して提供されるものであることから、医療従事者一人一人の自覚や注意に訴えるだけでなく、病院における医療提供システムの問題として、組織的・継続的に取り組む必要があります。
この観点から、事故等の発生に繫がる要因を取り除き、適切かつ安全な医療を提供する体制を整備し、ひいては医療の質の向上を図ることを目的としています。

医療安全対策組織図

医療安全対策組織図


医療安全管理委員会 リスクマネジメント等に関する承認・企画等
医療安全管理委員会、医療安全管理部門 病院長へ、提言・建議等
リスクマネジメント委員会(37名) 定期的な委員会開催、インシデントレポートの情報収集・まとめ、医療事故防止の具体的対策の検討と推進・医療事故防止のための研修・教育・院内巡回等
安全対策班(48名) 各部門においてリスクマネジメントミーティング インシデントレポート提出の励行、事例の分析等・資料作成、事故防止対策に関して部署内の指導、院内巡回等
医療機器安全管理委員会 (11名) 医療機器の安全使用、教育、保守点検等

2009年11月

院内感染対策の取り組みに係る指針

院内感染対策に関する基本的な考え方

院内感染の防止に留意し、感染等発生の際にはその原因の速やかな特定、制圧、終息を図ることは、医療提供施設にとって重要である。有効な院内感染防止対策を全職員が把握し、指針に則った医療を提供することで、患者・職員・訪問者を感染から守る。

院内感染対策のための委員会その他組織に関する基本的事項

事務部門、医局、看護部、臨床検査科、薬剤部、放射線科、リハ科、その他コメディカル等の代表者により構成される院内感染予防対策委員会を毎月1回定期的に会議開催し、緊急時は臨時会議を開催し迅速に院内感染対策に取り組む。

職員研修に関する基本指針

感染対策の基本的な考え方や標準予防策など、院内で行われる感染対策の具体策を職員が正しい知識を習得し、全職員が統一した感染対策を実践することが重要である。そのため、全職員への周知徹底・意識を図る目的で、全職員を対象にした研修会を開催する。

感染症の発生状況の報告に関する基本方針

院内感染の予防及び感染症の蔓延を防止するため、院内LANや報告書、感染症情報(微生物検出レポート)などを利用し、速やかに感染症発生に関する情報を収集、報告し、職員に周知し最新の情報を共有する。

その他院内感染対策の推進のために必要な基本方針

院内感染対策の推進のために必要な方策を明確化し、文書として「院内感染予防対策マニュアル」に記載し、定期的に見直しを行い、院内感染発生を未然に防ぐ、また発生時に蔓延を防ぐ。

感染対策に関する院内組織図

感染対策に関する院内組織図