トップページ部門・センター紹介 > 救急科

重症治療部

重症治療部の特徴 

重症治療部は診療科を問わず呼吸・循環・代謝などの重要臓器の問題に対し総合的・集中的に治療・看護を行い回復させる機能を持っています。
この機能により患者さんの全身状態をできるだけ早期に改善せしめ、一般病棟での治療継続が可能な状態に復帰していただきます。
重症治療部においても一般病棟と同じように患者さんの安楽の確保、インフォームドコンセントに努めております。

担当医師紹介

竹中 伊知郎

■重症治療部部長 ■麻酔科科長 ■麻酔科部長 ■MEセンター臨床工学部部長

日本麻酔科学会麻酔科指導医・専門医、麻酔科標榜医

麻酔科全般(S.59年卒)

久原 孝博

■重症治療部副部長 ■循環器内科副部長

日本循環器学会認定循環器専門医/日本内科学会総合内科専門医・認定内科医/日本医師会認定産業医/日本心臓リハビリテーション学会心臓リハビリテーション指導士

循環器(H.13年卒)

松本 泰幸

■救急科副部長 ■重症治療部副部長 ■災害対策室副部長

日本救急医学会救急科専門医/日本集中治療医学会集中治療専門医/日本内科学会認定内科医

救急全般/呼吸器(H.21年卒)