トップページ 採用情報 > 臨床研修医募集

臨床研修医募集

臨床研修医の皆様へ

九州労災病院での臨床研修医を目指す皆様へ

初期臨床研修に必要な病院の条件は、症例が豊富で多岐にわたり、積極的に救急患者を受け入れ、各科の連携が良好で、チーム医療が展開されていること、さらに予防医療にも意欲的に取り組んでいる総合病院であることでしょう。また、病理をはじめとする研究機能を備えており、症例検討や長期の追跡調査が日常的に行われている臨床研究型の病院であることが望まれます。
九州労災病院は「共に創りだす安全で良質な医療」の理念のもと、救急医療からリハビリテーションを通した社会復帰までを支援する機能を有し、全職員が医療の質の向上を目指して全力で取り組んでいる病院で、臨床研究の環境も整っています。
平成23年5月に新病院に移転、平成27年2月には医療の向上のため病院情報システム(電子カルテ)を導入いたしました。この素晴らしい環境で研修を希望する臨床研修医を募集しています。

九州労災病院の概要

九州労災病院は1949年(昭和24年)に、戦後の目覚ましい復興の中、我が国初の労災病院として開設され、長く労働災害被災者の急性期医療から社会復帰、職場復帰までを支援する役割を果たしてきました。我が国におけるリハビリテーション医療発祥の地でもあり、屈指のリハビリテーション施設と陣容を誇っています。しかし作業環境・交通システムの改善に伴って労働災害が激減し、地域医療の基幹病院としての機能にシフトしています。
平成22年度までは、障害者病棟、回復期リハ病棟を有する535床の病院として運営してきましたが、平成23年5月に新病院への移転を機に、障害者・回復期リハ病棟を廃止して、18診療科450床の急性期病院として再出発しました。救急センターを中心として、消化器疾患センター、呼吸器疾患センター、脳神経センターなどの豊富なセンター機能を通して、地域の方々の期待に応えて24時間チーム医療を提供する地域医療支援病院としての体制を整えています。平成23年度には産婦人科が再開し、周産期医療が充実してきました。さらにリニアックを導入するなど、がん診療にも力を入れています。また従来からの勤労者骨・関節疾患治療研究センター、勤労者メンタルヘルスセンター、アスベスト疾患センター、治療就労両立支援センター、高圧医療部などを通した勤労者医療にも引き続き力を注いでいます。

臨床研修プログラムの特徴

他の総合病院には見られない"地域医療"と"勤労者医療"の両者に取り組み、豊富なセンター機能と研究実績を有し、必ずや臨床研修の実を挙げていただけるよう、スタッフ一同全力で支援いたします。

1. 必修科目に加え、本院の特徴を生かした選択研修科目を10か月研修(外科系選択2か月を含む)
2. 24時間体制で患者を受け入れる救急科、整形外科の充実、多彩で豊富な外傷症例を持つ特徴を生かしつつ、交通外傷、スポーツ傷害などの治療を中心とした救急医療の研修
3. 24時間体制をとる脳血管障害の治療、超早期のリハビリを通した支援の研修
4. 充実したリハビリテーション部、義肢科における社会復帰支援の研修
5. 高圧治療部、健診部、治療就労両立支援センター、メンタルヘルスセンター、アスベスト疾患センターにおける勤労者医療の研修
6. 18診療科を有する第一線の総合病院におけるcommon diseaseのプライマリケアの研修
7. 経験豊富な優れた指導医群による屋根瓦方式指導体制

診療の特色

本院の診療の柱は(1)勤労者医療と、(2)地域医療です。18診療科、450床の急性期総合病院として、北九州市から京築地区における中核拠点病院としての役割を果たしています。特に平成23年度にリニアックが導入され、がん診療のさらなる発展が期待され、産婦人科が再開されたことから、地域の周産期医療にも大きな力になることが期待されています。

(1)勤労者医療

1. 治療就労両立支援センター:生活習慣病、振動障害の健康診断、判定、予防

2. 勤労者メンタルヘルスセンター:総合的なメンタルヘルスケアの実施

3. アスベスト疾患センター:アスベスト関連疾患の健康診断、治療および健康相談

4. 勤労者骨・関節疾患治療研究センター:骨関節疾患の専門的な治療

5. 高圧医療部:潜水病、脳血管障害、重症感染症、突発性難聴などの高気圧酸素療法

6. 勤労者脳神経センター:チーム医療による脳血管障害を中心とする脳神経疾患の専門的治療

など高度な労災医療及び勤労者医療と予防にあたっている。勤労者医療は、労災医療よりも、疾患を有する勤労者の就労、疾患の予防、健康維持などの比重が高くなっています。

(2)地域医療

1. 救急医療:北九州市救急医療体制に参画し、地域医療支援病院として活動
労災事故、交通外傷、脳血管障害などの患者に24時間対応可能な充実した救急科
屋上ヘリポートを利用した広域災害にも即応可能な設備
2. 脳卒中診療:北九州脳卒中地域連携パスに参画し、勤労者脳神経センターにおける脳血管内科、脳神経外科、神経内科、リハビリテーション科が連携したチーム医療による充実した治療
3.

周産期医療:分娩、ハイリスク妊婦管理などの周産期医療の充実

4. がん診療:リニアックの導入を機に外科治療、化学療法、がんリハビリテーションとの組み合わせによる先進的、専門的治療
5. リハビリテーション医療:脳血管障害、運動器疾患・外傷、心疾患に対する超早期のリハビリテーションから社会復帰、職場復帰までを支援する専門的な治療

初期臨床研修プログラム

研修理念

臨床研修により、医師は、医師としての人格、倫理観を涵養し、医学及び医療の社会的役割を認識しつつ、地域住民に対する一般的な診療や勤労者医療において頻繁に遭遇する外傷や疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力とコミュニケーションスキルを身につけます。

プログラムの目標と特徴

本院の臨床研修プログラムは、研修医が独立してプライマリ・ケアや交通外傷、労働災害を含む救急医療を行えるよう、基本的な知識および技能を修得するとともに、医師にふさわしい態度、倫理観を養成し、患者ならびに家族から厚い信頼を得ることのできる医師になることを目的としています。さらに、予防医療やメンタルヘルスを含む勤労者医療、リハビリテーション医学を学ぶことができます。また、2年次には8か月の選択期間を設け、希望する科の研修を可能にしています。

教育課程

(1)研修期間及びローテーション

研修期間は2年とし、以下のローテーションにより研修を行います。

1年次
内科系6か月 内科、脳血管内科、神経内科
外科系3か月 一般外科1か月、選択2か月(外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、
産婦人科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科)
救急科3か月 産業医科大学救急部で1か月及び九州労災病院麻酔科で呼吸循環管理を修得するため1か月研修。
また、宿日直業務にても救急医療を学ぶ。
2年次
小児科1か月 九州労災病院
産婦人科1か月 JCHO九州病院(協力型病院:八幡西区)1か月
精神科1か月 九州労災病院及び松尾病院(研修協力施設:小倉南区)1か月
地域医療1か月 さくら整形外科リハビリテーション医院(介護老人保健施設さくら苑を含む研修協力施設:小倉南区)、矢津内科・消化器科クリニック(行橋市)で1か月。
選択希望科8か月 研修医個人の希望により、以下の科より1~3か月単位で選択可能。なお、同じ科を8か月選択することも可能です。
他施設:保健所、松尾病院(精神科)、九州労災病院:内科、精神科、神経内科、脳血管内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、産婦人科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、救急科、病理診断科

(2)研修医配置

各グループ1~3名を原則とします。

(3)研修内容

臨床研修開始時にオリエンテーションとして院内諸規程、施設設備の概要と利用方法、文献と病歴検索法、健康保険制度、医療安全教育、医療関連法規等につき一連の説明をうけます。
各科及び研修協力施設の研修内容は各科研修プログラムのとおりです。臨床各科はそれぞれ回診、症例検討会、剖検、術前・術後カンファレンス、抄読会等を行っています。病院全体としてはCPC、九労プライマリーケア勉強会ならびに総合カンファレンス、また、年3~4回の講演会があり、研修医の出席が義務づけられています。

(4)研修医の勤務時間

勤務時間は原則として、午前8時30分から午後5時15分までです。当直は、指導医と共に行い、いずれの急患にも診療に参加します。

指導体制

(1)研修管理委員会

研修管理委員会は、研修プログラムの全体的管理、研修医の全体的な管理、研修医の研修状況の評価、採用時における研修希望者の評価、研修修了後及び中断後の進路に関する相談等の支援を行います。

(2)プログラム責任者、副責任者

研修プログラムを作成管理するとともに、研修医各人に対し2年間を通じて指導、管理ならびに最終全体評価を行い、研修管理委員会に報告します。

(3)指導医

研修医1名に対し、各科指導医が研修プログラムに基づき、その科配属中の直接指導と研修医に対する評価を行い、プログラム責任者に報告します。

研修の記録及び評価

研修開始にあたり本プログラムを配布し、到達目標及び各科研修カリキュラムに記入することより自己評価を行います。指導医は研修プログラムに基づき研修医に対する評価を記載し、プログラム責任者に報告します。プログラム責任者は、研修医の目標達成状況を適宜把握し、研修医が修了時までに到達目標を達成できるよう調整を行うとともに、研修管理委員会に研修目標の達成状況を報告します。

プログラム修了の認定、研修修了書の交付

病院長は、研修管理委員会が行う研修医の評価の結果を受けて、研修修了証を交付します。

プログラム修了後の進路

九州労災病院において引き続き研修を継続する場合、あるいは本人の希望により他の医療機関や大学等に異動する場合、いずれの場合も、研修管理委員会が推薦します。ただし、継続研修希望者の採用は院長ならびに研修管理委員会の面接によって決定します。

初期臨床研修医募集

平成30年度臨床初期研修医の募集は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


初期臨床研修医募集要項

●初期臨床研修プログラム
募集診療科 [初期臨床研修プログラム]
診療科をクリックしてください。
内科 神経内科脳血管内科小児科外科整形外科脳神経外科皮膚科泌尿器科産婦人科眼科耳鼻咽喉科リハビリテーション科放射線診断科・放射線治療科救急科麻酔科 病理診断科
(希望によって複数科のローテーションも可能)
●勤務条件
雇用形態 常勤職員(嘱託)
給与・諸手当 給与:1年次  月額約360,000円(諸経費含む)
勤務時間 原則として、8:30~17:15(休憩45分)
当直・時間外勤務 指導医とともに当直を行う。いずれの急患にも診療に参加。
当直手当有り。
休日・休暇 休日:土・日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
休暇:院内規定による
福利厚生・その他 宿舎:新築独身マンション完備
                    (↑クリックすると写真をご覧になれます)

社会保険:健康保険、厚生年金、企業年金、確定拠出年金、労災保険、雇用保険等
健康管理:定期健診、電離放射線健診有り
医師賠償責任保険:適用有り
学会出張費等:有り(院内規定による)

連絡先・お問い合わせ

病院見学及び応募書類提出のお問い合わせ先

〒800-0296 福岡県北九州市小倉南区曽根北町1番1号
独立行政法人 労働者健康安全機構 九州労災病院 
総務課 採用担当 二見、大屋
TEL:093-471-1121 FAX:093-473-0627
e-mail:krosai.geaf-k@kyushuh.johas.go.jp

後期臨床研修ブログラム

プログラムの目的と特徴

2年間の初期臨床研修を終了した後に、希望する専門診療科において救急医療を含むより高度な知識、技能、態度を習得し、全人的医療を実践できる専門医を養成するプログラムで、各診療科における専門医資格の取得を目指し研修します。
また、初期臨床研修で得た知識、技量を更に深め、general physicianを目指し、複数の科をローテーションすることも可能です。

後期臨床研修医募集

後期臨床研修医募集要項

当院は昭和60年から厚生労働省臨床研修指定病院として研修医を受け入れてきましたが、平成16年度からの初期臨床研修の必修化に伴って研修プログラムを見直し、2年間の初期臨床研修に引き続き後期臨床研修プログラムを設けております。

●後期臨床研修プログラム
診療科 診療科をクリックしてください。
内科、 神経内科、 脳血管内科、 小児科、 外科、 整形外科、 脳神経外科、 耳鼻咽喉科、 リハビリテーション科、 放射線診断科・放射線治療科、 麻酔科、 病理診断科
(希望によっては複数科のローテーションも可能)
●勤務条件
雇用形態 常勤職員(嘱託)
給与・諸手当 給与:3年次  月額約370,000円(諸経費を含む)
        4年次  月額約380,000円(諸経費を含む)
        5年次  月額約390,000円(諸経費を含む)
        6年次  月額約400,000円(諸経費を含む)
勤務時間 原則として、8:30~17:15(休憩45分)
当直・時間外勤務 指導医とともに当直を行う。いずれの急患にも診療に参加。
当直手当有り。
休日・休暇 休日:土・日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
休暇:院内規定による
福利厚生・その他 宿舎:新築独身マンション完備
                    (↑クリックすると写真をご覧になれます)

社会保険:健康保険、厚生年金、企業年金、確定拠出年金、労災保険、雇用保険等
健康管理:定期健診、電離放射線健診有り
医師賠償責任保険:適用有り
学会出張費等:有り(院内規定による)

連絡先・お問い合わせ

病院見学及び応募書類提出のお問い合わせ先

〒800-0296 福岡県北九州市小倉南区曽根北町1番1号
独立行政法人 労働者健康安全機構 九州労災病院 
総務課 採用担当 二見、大屋
TEL:093-471-1121 FAX:093-473-0627
e-mail:krosai.geaf-k@kyushuh.johas.go.jp

教育病院指定

当院は、厚生労働省臨床研修指定病院、産業医科大学関連教育施設・各種医学会教育認定施設および看護教育実習施設・リハビリテーション関連医療職教育実習施設に指定されております。
その使命として、臨床研修医・専門医の養成、医学生の教育・看護学生等の教育、さらには、高度先進医療の開発研究や創薬などの医療の向上に努めています。患者の皆様には、この趣旨をご理解の上ご協力をお願いします。
専門医(認定医)教育病院等学会の指定状況は次のとおりとなっています。

専門医(認定医)教育病院等学会の指定状況

日本内科学会認定医制度教育関連病院
日本内分泌学会内分泌代謝科認定教育施設
日本消化器病学会専門医制度認定施設
日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設
福岡県肝疾患専門医療機関
日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
日本血液学会認定血液研修施設
日本呼吸器学会関連施設
日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
呼吸器外科専門医合同委員会呼吸器外科関連施設
日本乳癌学会認定医・専門医制度関連施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本精神神経学会精神科専門医制度研修施設
日本神経学会認定専門医制度教育関連施設
日本脳卒中学会専門医認定制度研修教育病院
日本老年医学会認定施設
日本脳神経外科学会専門医認定制度研修施設
日本整形外科学会認定研修施設
脊椎脊髄病学会専門医基幹研修施設
日本リウマチ学会認定教育施設
日本手外科学会研修施設
日本リハビリテーション医学会認定研修施設
日本皮膚科学会認定専門医研修施設
日本泌尿器科学会専門医教育施設
日本眼科学会専門医制度研修施設
日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関
日本医学放射線学会承認放射線科専門医修練協力機関
日本病理学会研修登録施設
日本臨床細胞学会認定施設
日本臨床細胞学会教育研修施設
日本麻酔科学会認定麻酔科病院
日本集中治療学会専門医研修施設
日本救急医学会救急科専門医指定施設
日本医療薬学会認定薬剤師制度研修施設
日本医療薬学会がん専門薬剤師認定制度がん専門薬剤師研修施設
日本臨床検査医学会認定研修施設
Japan Clinical Oncology Group (JCOG)骨軟部腫瘍グループ参加施設