トップページ 採用情報 > 臨床研修医募集

病理診断科 後期臨床研修プログラム

1. 目標

1.病理医として診断病理学に必要な知識・技能・態度を修得する。
2.日本病理学会病理専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医の取得。
3.病理診断を通じ、良質な医療の実践・維持に貢献し、有意義な人生を目指す。

2. 研修期間

研修期間は4年間です。
初期研修1年+後期研修4年の合計5年間が、病理専門医の受験資格期間となる。
当院・病理科は日本病理学会認定病院で研修認定施設、および日本臨床細胞学会認定施設で教育研修認定施設です。本院・当科のみに所属して研鑽を積み、病理専門医および細胞診専門医の受験資格取得が可能です。また、他の施設に転任しても、業績は保持されます。さらに、大学院進学あるいは学位取得希望者は希望の大学に推薦します

3. 研修内容の概要

後期研修カリキュラム
【Ⅰ. 求められる姿勢・態度】

 1.病理診断、剖検、CPCなどに際して、患者や遺族に対する配慮を行う。

 2.病理業務において、臨床医に適切に対応する。

 3.病理業務に関して、コメディカルと協調し作業する。

 4.学会、研修会、セミナーに積極的に参加し、発表を行う。

 5.症例報告、原著論文などの執筆。


【Ⅱ. 必要な知識・実践】

 A.病理業務に関わる知識。

 1.病理業務に関連する法および制度の理解と実践。

 2.病理業務に関するリスク・マネージメントの理解と実践。

 3.病理業務の資料の管理・保存の実行。

 4.病理業務で得られた人体材料を研究に用いる際の手続きの理解と実践。


 B.病理業務に関わる知識。

 1.基本的な病理組織標本の作製過程を理解する。

 2.免疫組織化学(免疫染色)を含む特殊染色の原理を説明し、代表的な標本を作製する。

 3.電子顕微鏡(電顕)標本の作製過程の説明、基本的手技の修得および電顕像の理解。

 4.分子病理学的検索の原理の理解と診断応用。

 5.臨床的事項を的確に判断し、病理診断との関連性を説明する。

 6.病理診断に対してのコンサルテーションの必要性を理解し、実践する。


【Ⅲ. 必要な技能・応用】

 1.病理解剖の準備・記録・介助および執刀を行う。

 2.臨床事項と考察を含めた病理解剖報告書を作成する。

 3.生検、手術材料を診断し、報告書を作成する。

 4.細胞診材料を診断し、報告書を作成する。

 5.迅速病理診断の意義を理解し、適切な報告ができる。

 6.基本的な病理組織標本の作製(切出しから標本作製まで)を実施する。

 7.病理業務におけるバイオハザード対策を実行する。

 8.CPCや臨床とのカンファレンスにおいて、病理所見を的確に説明する。

4. 指導医

研修指導医は以下の専門分野の指導を担当します。

研修指導医 役職 専門分野
内橋 和芳 病理診断科科長
病理診断科部長
病理診断部部長
日本病理学会病理専門医研修指導医・専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医、日本整形外科学会専門医/診断病理学
槇原 康亮 病理診断科副部長
臨床検査部専任医師
診断病理学

5. 教育に関する行事

行事 回数 時間
CPC 月1回 第4水曜日 18:00~19:00
合同カンファレンス 月2回 第2、4火曜日  8:00~8:45
胸部カンファレンス 3ケ月に1回 17:30~18:30
肝胆膵カンファレンス 3ケ月に1回 18:00~19:00
消化管カンファレンス 3ケ月に1回 18:00~19:00