トップページ 採用情報 > 臨床研修医募集

眼科 初期臨床研修プログラム

1. はじめに

当院眼科は、医師3名、外来看護師2名、視能訓練士(常勤)2名、受付スタッフで構成されています。全員産業医科大学眼科の関連病院であり、現在は医師全員が同大学医局から派遣されています。当院眼科の特色として、網膜剥離、糖尿病網膜症、黄斑疾患などの網膜硝子体疾患の診断と治療を専門領域として力を入れており、それに白内障や緑内障手術を加えた3分野を診療の柱としております。当院は紹介型病院であり、手術加療を主体とした診療が中心となっていますが、角膜潰瘍や視神経炎などの内科的治療を要する患者の紹介も多く、市中病院としては眼科一般診療から専門領域まで幅広い診療ができると考えています。

2. 一般目標

(1) 眼科領域の疾患の病態理解と基本的診察方法、治療方針の理解。
(2) マイクロサージェリーの特性と手術の基本的動作の習得。

3. 行動目標

(1) 眼科的疾患の病態理解、眼科的検査の理解。
(2) 必要な検査の振り分けと検査機器の使用の習得。
(3) 細隙灯による診察方法の習得。
(4) 倒像鏡や前置レンズによる眼底診察方法の習得。
(5) カルテ記載、適切なプレゼンテーションの習得。
(6) 豚眼使用下の手術の基本手技の習得。
(7) 手術の介助の習得
(8) マイクロサージェリーにおける手術動作の習得。

4. 研修期間

2年目に選択科のひとつとして眼科を選択することができます。
選択した期間に応じて、研修のスケジュールを組みます。  

5. 研修週間スケジュール

午前中は毎日外来診療を行っていますので、診察の見学と検査の補助を1週間行い、次週より実際に外来診察を行います。月金の午後は蛍光眼底造影検査、レーザー治療などの見学、補助。火水木の午後は手術日で、手術内容に応じて第一助手、第二助手を行います。

6. 指導体制

指導責任者 :松下五佳(診療科長、日本眼科学会認定眼科専門医)