トップページ 採用情報 > 臨床研修医募集

皮膚科 初期臨床研修プログラム

1. 背景と特色

皮膚科では、皮膚の病気であれば子供から老人の方まで、最初の診察から病理を含む診断、内科的・外科的治療まですべて行います。そのため、一人の患者さんを最初から最後まで責任をもって診ることができます。また、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹のような炎症性皮膚疾患から、白癬や蜂窩織炎という感染症、強皮症のような膠原病、水疱症のような自己免疫疾患、メラノーマやリンフォーマといった悪性腫瘍、さらには美容皮膚科といった多岐にわたる疾患を扱うことも特徴の一つです。

また、皮膚は眼に見えるという特殊性を持った臓器ですので、皮膚科専門医でなくとも、一般臨床の現場で様々な皮疹に遭遇する機会は多いといえます。医師として、皮膚科の緊急疾患、重症疾患に対する適切なコンサルテーションができる能力を身につける必要があると考えられます。

2. 一般目標

皮膚科の基本的な診察方法と疾患の理解を深めるとともに、皮膚科救急疾患を見逃さない能力を身につける。

3. 行動目標

(1) 病棟診療 主治医として直接入院患者の治療にあたる。受け持つ疾患は皮膚科全般を漏れなく担当する。
(2) 外来診療 外来を担当する医師を介助し、また検査や皮膚科処置を行う。検査としては、皮膚生検、パッチテスト、光パッチテスト、光線テスト、プリックテストなどがある。処置には軟膏処置、外科処置がある。
(3) 手術 皮膚悪性腫瘍と良性腫瘍の手術に介助する。
(4) カンファランス 週1回入院患者、外来患者のカンファランスを行っており、現在の状態、問題点、今後の治療などについて討論する。この際、臨床写真、検査所見、病理像など、リアルタイムに描出してディスカッションする。
(5) 皮膚病理勉強会 月1回の病理勉強会では地域の皮膚科医も出席して、問題症例を臨床像と病理所見から検討する。そのプリゼンターとして数症例を担当する。

4. 経験目標

(1)診断
 A)視診
皮疹の見方は最も重要なものであり、これ無くして皮膚科診断はできない。その修得のために、「アルゴリズム・パターン」と「引き出し・パターン」で皮疹を読み解く訓練をする。前者は系統立って皮疹をみていくことであり、後者は皮疹があるパターンを示している時、どんな鑑別診断を含めどんな疾患が考えられるかということである。
 B)皮膚生検・皮膚病理
病理学的診断は皮膚科にとって非常に重要なものであり、組織像についても皮疹と同様に読み解く能力を養わなければならない。
 C)真菌検査
真菌感染症は皮膚科領域では非常に多く、顕微鏡下で真菌成分の同定をする能力を身につける。
 D)パッチテスト
接触皮膚炎や薬疹の診断技術を学ぶ。
 E)光照射試験
UVAやUVBを照射し光感受性を調べる。また前者のパッチテストと組み合わせた光パッチテストも行う。

(2)治療
 A)薬物療法
一般的な外用療法、内服療法について学ぶ。また悪性黒色腫や皮膚リンパ腫に対して化学療法を行えるようにする。
 B)光線療法
特にナローバンド UVB療法を実施できるようにする。
 C)皮膚外科
皮膚腫瘍の手術療法について学び、外科手技の基本を身につける。
  

5. 研修期間

選択研修として、1ヶ月間もしくは2ヶ月研修を行う。

6. 研修週間スケジュール

 
午前 外来実習 病棟実習 外来実習 手術日 外来実習
午後 病棟実習 手術日 病棟実習 病棟実習 病棟実習