トップページ 採用情報 > 臨床研修医募集

放射線診断科・放射線治療科 初期臨床研修プログラム

1. 背景と特色

九州労災病院では、診断、治療、血管造影・IVR などの最先端の放射線機器が整備されており、全身のさまざまな疾患における画像診断および放射線治療が可能な施設です。指導医としては3名の放射線診断専門医が常勤しており、初期臨床研修においてはマンツーマンでの実地研修が行えます。研修の概要は以下のとおりです。

2. 一般目標

臨床医に必要な画像診断の基本的かつ重要な医学的知識を習得する。

3. 行動目標

(1) CT・MRIの原理を理解し、撮影、画像作成までの過程を把握できる。
(2) 造影剤投与による副作用発現の有無を観察し、チェックする。副作用発現の際には、必要な処置を速やかに正しく実施できる。
(3) 全身の画像解剖を理解できる。
(4) 主要疾患の画像診断を述べることができる。

4. 研修期間

研修期間は1ヶ月単位、最低2ヶ月の研修が望ましいが、希望に応じて対処します。  

5. 研修計画

主として画像診断(CT・MRI診断、単純写真、核医学)の研修を行い、血管造影、IVRや放射線治療は希望に応じて研修できます。

6. 指導体制

指導責任者 :桒野 晴夫
指導医 :山口 俊博
:中西 麻子
:永尾 英毅
:下村 悠太朗