トップページ 採用情報 > 臨床研修医募集

放射線診断科・放射線治療科 後期臨床研修プログラム

1. 目標

卒後2年間の初期臨床研修に引き続き、放射線科医として必要な画像診断、interventional radiology、核医学検査、および放射線治療について診療できる知識・技量を身につけることを目指します。
また、放射線専門医一次試験合格を目標とします。

2. 研修期間

2年間(放射線専門医一次試験受験の受験資格は、修練認定機関で2年間修練することとされています。その後、更に3年間、修練認定機関で修練すれば放射線専門医二次試験の受験資格を得ることができ、これに合格すれば放射線専門医を標榜することができます)

3. 研修内容の概要

【画像診断】

 CT・MRIを中心に内科・外科・整形外科などをはじめとする全科の症例につき、
 専門医指導のもとに読影レポートを作成することにより、画像診断全般にわたる
 知識の習得を目指します。また、放射線関連学会に症例報告を行ないます。

【Interventional radiology (IVR)】

 肝細胞癌の経動脈的局所療法など、血管系のIVRを中心に手技習得を目指します。

【核医学検査】

 各種核医学検査の役割および診断法について学習します。

4. 指導医

研修指導医は以下の専門分野の指導を担当します。

研修指導医 役職 専門分野
桒野 晴夫 放射線診断科科長
放射線診断科部長
中央診療支援統括室放射線部門
【専門】胸部画像診断(胸部・乳腺・消化器)
日本医学放射線学会研修指導者・放射線科専門医・放射線診断専門医
山口 俊博 放射線治療科科長
放射線治療科部長
【専門】放射線治療全般
日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医
中西 麻子 放射線診断科副部長 【専門】放射線診断全般
日本医学放射線学会研修指導者・放射線診断専門医/マンモグラフィ検診精度管理中央委員会検診マンモグラフィ読影認定医
永尾 英毅 放射線科医師 【専門】放射線診断全般
日本医学放射線学会放射線診断専門医
下村 悠太朗 放射線科医師 【専門】放射線診断全般

5. 教育に関する行事

行事 日時
内科・外科・放射線科合同カンファレンス 第2、4火曜日  8:00~8:45
神経放射線カンファレンス 第3水曜日 8:00~8:30
Stroke Unit 抄読会 毎週水曜日(第3除く)  8:00~8:30
総合カンファレンス 第1木曜日 医局会後
CPC 偶数月第1水曜日 17:00~18:00
放射線関連各種学会・研究会 -