トップページ 採用情報 > 臨床研修医募集

救急科 初期臨床研修プログラム

1. 背景と特徴

九州労災病院の救急部は2次救急です。救急車の受け入れはもちろん、直接救急外来に受診される患者さんを対象としています。救急隊からの電話の対応や搬送後の引き継ぎ、病歴聴取をまず医師が行い、その時点で考えられる鑑別疾患を考えながら身体所見をとります。
更なる診断のために必要な検査を考えて上級医に相談し、検査をオーダーします。検査結果が出たら自分で診断をしてから上級医と方針を検討します。このように主に一人の患者さんに対して一人の医師が担当し、初期治療を行っていき、その後、適切な各科の専門医に引き継ぐこととなります。 2次救急ということでcommon diseaseが多くを占めているということもあり、医師としても非常に勉強になり、また当院の救急部は症例数が多く、沢山の症例を経験できるということが魅力のひとつと思われます。

2. 一般目標(GIOs:General Instructional Objectives)

生命や機能的予後に係わる、緊急を要する病態や疾病、外傷に対する適切な診断・初期治療能力を身につけます。

3. 行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)

救急診療の基本的事項
(1) バイタルサインの把握ができる。
(2) 身体所見を迅速かつ的確にとれる。
(3) 重症度と緊急度が判断できる。
(4) 二次救命処置(ACLS)ができ、一次救命処置(BLS)を指導できる。
(5) 頻度の高い救急疾患・外傷の初期治療ができる。
(6) 専門医への適切なコンサルテーションができる。

4. 経験目標

1.救急診療に必要な検査
(1) 必要な検査(検体、画像、心電図)が指示できる。
(2) 緊急性の高い異常検査所見を指摘できる。
2.経験しなければならない手技
(1) 気道確保を実施できる。
(2) 気管挿管を実施できる。
(3) 人工呼吸を実施できる。
(4) 心マッサージを実施できる。
(5) 除細動を実施できる。
(6) 注射法(皮内、皮下、筋肉、点滴、静脈路確保、中心静脈路確保)を実施できる。
(7) 緊急薬剤(心血管作動薬、抗不整脈薬、抗けいれん薬など)が使用できる。
(8) 採血法(静脈血、動脈血)を実施できる。
(9) 導尿法を実施できる。
(10) 穿刺法(腰椎、胸腔、腹腔)を実施できる。
(11) 胃管の挿入と管理ができる。
(12) 圧迫止血法を実施できる。
(13) 局所麻酔法を実施できる。
(14) 簡単な切開・排膿を実施できる。
(15) 皮膚縫合法を実施できる。
(16) 創部消毒とガーゼ交換を実施できる。
(17) 軽度の外傷・熱傷の処置を実施できる。
(18) 包帯法を実施できる。
(19) ドレーン・チューブ類の管理ができる。
(20) 緊急輸血が実施できる。
3.経験しなければならない症状・病態・疾患
  A 頻度の高い症状
(1) 発疹 (2) 発熱
(3) 頭痛 (4) めまい
(5) 失神 (6) けいれん発作
(7) 視力障害、視野狭窄 (8) 鼻出血
(9) 胸痛 (10) 動悸
(11) 呼吸困難 (12) 咳・痰
(13) 嘔気・嘔吐 (14) 吐血・下血
(15) 腹痛 (16) 便通異常(下痢、便秘)
(17) 腰痛 (18) 歩行障害
(19) 四肢のしびれ (20) 血尿
(21) 排尿障害(尿失禁・排尿困難)
  B 緊急を要する症状・病態
(1) 心肺停止 (2) ショック
(3) 意識障害 (4) 脳血管障害
(5) 急性呼吸不全 (6) 急性心不全
(7) 急性冠症候群 (8) 急性腹症
(9) 急性消化管出血 (10) 急性腎不全
(11) 急性感染症 (12) 外傷
(13) 急性中毒 (14) 誤飲、誤嚥
(15) 熱傷    

5. 研修期間

必修科として、3ヶ月(1.5ヶ月+日当直)研修します。
尚、2次選択科として最長8ヶ月の研修も可能です。

6. 指導体制

救急科部長 :中村 賢二
救急科副部長 :松本 泰幸