トップページ 採用情報 > 臨床研修医募集

麻酔科 初期臨床研修プログラム

1. 特徴

麻酔科研修は、麻酔指導医、麻酔専門医または麻酔標榜医の1:1の指導により行います。
硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔、揮発性麻酔ガスを使った全身麻酔、静脈麻酔薬を使った全身麻酔、神経ブロック、中心静脈カテーテルの挿入と意義、観血的動脈圧の測定と意義、多種の気管挿管法、気道管理、循環管理、輸液管理、呼吸管理などが学べます。一人の患者さんの全体的な状態を短時間にとらえることが得意になります。
初期期間が短いのが残念ですが、後期研修でも麻酔科を選択されることをお薦めします。

2. 到達目標

(1) 気道の確保とマスク換気
(2) 気管挿管
(3) 麻酔器の点検
(4) 標準的全身麻酔
(5) 手術患者の術前評価
(6) 麻酔計画立案能力
(7) 周術期体液管理(輸液・輸血)
(8) 人工呼吸器の操作
(9) 動脈血液ガス分析の実施と解釈
(10) 血算・血液性化学検査の実施と解釈
(11) 脊椎・硬膜外麻酔
(12) 術後疼痛管理
(13) 末梢静脈ライン確保
(14) 患者とのコミュニケーション能力
(15) チーム医療の実践

3. 指導体制

研修医1名に麻酔科専門医が指導医として1名がつき、麻酔科(救急)研修終了時に研修プログラムが完了するよう計画・指導します。
指導責任者 :竹中 伊知郎(部長)
麻酔科医師 :岩垣 圭雄(部長)
麻酔科医師 :南  智子
麻酔科医師 :椿  隆行
麻酔科医師 :清水 毅洋
麻酔科医師 :長坂 アイ子