トップページ 採用情報 > 臨床研修医募集

脳神経外科 初期臨床研修プログラム

1. 背景と特色

Neuroscienceの一分野としての脳神経外科学を経験・理解するための二ヶ月間の研修プログラムです。当院では、脳神経センターとして、脳神経外科の他に、神経内科、脳血管内科、リハビリテーション科などがあり、これら他科と有機的に協力して脳疾患の治療に当たっています。すべての脳神経外科疾患に対して最先端の医療を行っていますが、それらに加えて、難治性てんかん、顔面痙攣、三叉神経痛、頑痛、痙縮などに対する機能的脳神経外科も積極的に行っています。実際は研修医1名につき、指導医1名がつき、研修医の希望や個性を重視し、各自にあったプログラムを作成します。

2. 一般目標(GIO: General Instructional Objectives)

Primary careを行うために必要な脳神経外科的知識と技術を習得します。
脳神経外科疾患に対する理解と手術適応の判断ができるようにします。
脳神経外科的手術、特に穿頭術や開頭術の実際を学びます。

3. 行動目標(SB0: Specific Behavioral Objectives)

(1) 病歴聴取、コミュニケーション
患者さんや、患者さんが神経学的所見や意識障害などがある場合はその家族と適切な医療面接ができる。
(2) 基本診察
系統的な神経学的診察ができる。特に意識障害のある患者さんの神経学的所見がとれる。この結果で病変の性格と部位を予想することができる。
(3) 神経放射線学的所見の理解
CT,MRIなどの神経放射線所見を理解できる。(2)(3)の結果から、手術適応を判断し、適応がある場合は適切な手術法を選択することができる。
(4) 穿頭手術や開頭手術の技術を習得できる。

4. 経験目標

病棟において担当医として患者さんを受け持ち、直接脳神経外科指導医の指導を受けます。
(1) 神経学的所見の取り方を習得します。
(2) 患者の状態の把握を的確に行います。
(3) 迅速かつ的確な診断のための検査計画を立てます。
(4) 救急患者の処置の仕方を学びます。
(5) 検査の実施及び正しい解釈を身につけます。侵襲を伴う検査や手術について、患者さんや家族に対して想定し得る危険性や合併症を十分に説明し、納得や同意が得られるようにします。
(6) 最も適切な治療法を選択できるように努めます。
(7) 主な手術法を術者と伴に行い理解します。穿頭手術や開頭手術の一部は、自分で出来るように努めます。
(8) 術前・術中・術後管理を学びます。
(9) 退院後のfollow upを行います。
(10) 可能であれば、担当した患者さんの症例報告を学会や学術誌に行います。

5. 研修期間

2ヶ月間の研修となる。

6. 研修週間スケジュール

毎朝8時 脳神経センターカンファレンス、その後脳外科カンファレンス
月・金曜日はその後病棟回診
月曜・木曜日 朝から定期手術  急患手術は随時
毎週水曜日朝8時 脳神経センター抄読会
毎月一回第3水曜日 神経放射線カンファレンス
毎月一回 北九州神経放射線カンファレンス
その他 北九州や福岡の種々の研究会

7. 指導体制

指導責任者:芳賀整(科長)
 医学博士(九州大学)
 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本神経内視鏡学会神経内視鏡技術認定医
指導者:徳永聡
 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本脳神経血管内治療学会認定指導医・専門医