トップページ 採用情報 > 臨床研修医募集

脳神経外科 後期臨床研修プログラム

1. 目標

初期臨床研修2年間を終了後、中枢神経疾患の全般的知識を習得し、かつ、脳神経外科的疾患の基礎的な診断と治療法を修得することを目標とします。

2. 研修期間

研修期間は3年間です。引き続き、脳神経外科専門医となるための、研修期間の延長も可能です。当科は日本脳神経外科学会専門医訓練施設であり、脳神経外科専門医の受験資格は、会員歴6年間、主要疾患の自験症例数をクリアーする必要があります。当科での経験症例はカウントできます。

3. 研修内容の概要

【神経放射線学的診断】

 CT, MRI, 脳血管撮影、RIシンチスキャンの適応疾患の鑑別、各検査の所見診断の修得。

【救急患者治療】

 頭部外傷、脳血管障害による救急意識障害患者の初期診断と脳神経外科的治療法の修得。

【脳神経外科専門的治療】

 指導医のもと、術前、術後の患者管理、穿頭術、開頭術、顕微鏡下手術の技術を順次修得。

【学会発表、症例報告論文】

 研修の一環として、日本脳神経外科学会九州地方会(年3回)での学会発表は義務です。
 日本脳卒中の外科学会、日本脳腫瘍病理学会、その他の関連学会発表、論文の指導をします。

 当科における主な治療手技

 【穿頭術】慢性硬膜下血腫、定位的脳内血腫除去術、定位的腫瘍生検術、脳室外ドレナージ

 【開頭術】動脈瘤ネッククリッピング、脳腫瘍・血管奇形摘出術、頭蓋内血腫除去術、
     てんかん焦点切除、微小血管減圧術

 【脳血行再建術】内頚動脈血栓内膜剥離術、STA-MCA吻合術

 【経蝶形骨洞下垂体手術】

 【水頭症手術】

 【小児脳腫瘍手術・化学療法】

 【先天奇形手術】

 【脊髄手術】

 【脊椎硬膜外自己血注入療法(ブラッドパッチ)】

4. 指導医

研修指導医は以下の専門分野の指導を担当します。

研修指導医 役職 専門分野
芳賀 整 脳神経外科科長
脳神経外科部長
【専門】脳血管障害(くも膜下出血、脳出血等)/脳神経外科全般
日本脳神経外科学会脳神経外科専門医/日本脳卒中学会認定脳卒中専門医/日本神経内視鏡学会神経内視鏡技術認定医
徳永 聡 脳神経外科医師 【専門】脳血管内治療/脳神経外科全般
日本脳神経外科学会脳神経外科指導医・専門医/日本脳卒中学会認定脳卒中専門医/日本脳神経血管内治療学会認定指導医・専門医
白水 寛理 脳神経外科医師 【専門】脳神経外科全般
日本脳神経外科学会脳神経外科専門医

5. 教育に関する行事

行事 日時
脳外科症例検討会(新患・術前・術後) 毎週金曜日  8:30~9:00
神経放射線カンファレンス 第3水曜日  8:00~8:30
北九州神経放射線カンファレンス 第4金曜日 18:00~20:00
Stroke Unit カンファレンス 毎週月・火・木・金曜日 8:00~8:30
毎週水曜日 7:45-8:00
神経グループ抄読会 毎週水曜日  8:00~8:30
(第3水曜日は除く)
総合カンファレンス 第1木曜日 医局会後
CPC 偶数月第1水曜日 17:00~18:00