トップページ 採用情報 > 臨床研修医募集

リハビリテーション科 後期臨床研修プログラム

1. 目標

卒後二年の初期臨床研修に引き続き、初期研修により培った経験に加え、障害者における病態の特殊性を学び、リハビリテーション医療に携わる臨床医としてのより専門的な診断治療技術やチーム医療のマネージャーとしての技術を習得し、リハビリテーション専門医を目指します。

2. 研修期間

研修期間は3年間です。同時にリハビリテーション専門医取得を目標に学会発表、論文の作成などを行います。(日本リハビリテーション医学会では、卒後5年以上の臨床経験を有し、かつ原則として本学会が認定した指導責任者のもとでの3年以上の研修を終了することが専門医認定資格とされています。)

3. 研修内容の概要

当院はリハビリテーションの歴史において草分け的な存在です。院内に義肢科を有し、当科において切断術より義足作成までを継続しておこなうことが可能です。また、Stroke Unitの一員として急性期から在宅復帰まで一貫したリハビリテーション医療を実施しています。脊髄損傷のリハビリテーションについても長い歴史を有しており、急性期から慢性期、そして在宅へ向けてのプログラムの作成、褥瘡などの慢性期の合併症の治療なども行っています。その他、整形外科疾患、神経内科疾患、内科・外科疾患、廃用などに対するリハビリテーション医療に携わっています。


1 【病棟、外来研修】

 他科入院患者に対しては急性期より、ベッドサイドのリハビリテーションプログラムを作成する
 とともに、リハビリテーションにおける急性期リスク管理を指導医、他科主治医とともに行って
 いきます。また、当科入院患者10から15名を主治医として受け持ち、障害評価、全身管理を
 行うとともにリハプログラムを立案し、理学療法、作業療法、言語療法を体験しつつ、
 コメディカルと連携し治療技術を習得します。

2 【手術療法】

 当院は院内に義肢装具室を有し、常時義肢装具士が義肢、装具の作製・調整を行っています。
 そのため、切断術の手術計画、手術及び周術期管理を学んでいきます。また、褥瘡の保存療法、
 手術療法、麻痺領域の腱延長などの機能再建術なども症例から学んでいきます。

3 【検査研修】

 嚥下造影検査、リハビリテーションに関する様々な評価方法、褥瘡エコー検査、MRI、
 CTなどの画像検査などを指導医とともに学んでいきます。

4 【カンファレンス、学会発表】

 各種研究会や勉強会、リハビリテーション学会、その他の専門学会などに積極的に参加、発表を
 行っていきます。

4. 指導医

研修指導医は以下の専門分野の指導を担当します。

研修指導医 役職 専門分野
橘 智弘 リハビリテーション科科長
リハビリテーション科部長
中央診療支援統括室リハビリ部門
【専門】リハビリテーション科全般
日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医/日本医師会認定産業医
濱村 威 リハビリテーション科医師 【専門】リハビリテーション科全般
二宮 正樹 リハビリテーション科医師 【専門】リハビリテーション科全般

5. 教育に関する行事

行事 日時
訓練室回診(神経内科、リハビリテーション科、内科、脳血管内科、脳外科) 毎月第2週  13:30~15:00
リハビリテーション科抄読会 隔週木曜日   8:30~8:50
Stroke Unit モーニングカンファレンス 月~金曜日  8:00~8:15
神経放射線カンファレンス 第4水曜日  8:00~8:30
Stroke Unit 抄読会 毎週水曜日
8:00~8:30
総合カンファレンス 第1木曜日 医局会後
CPC 偶数月第1水曜日 17:00~18:00