トップページ 採用情報 > 臨床研修医募集

産婦人科 初期臨床研修プログラム

【コース:産婦人科】

コース一般目標(GIO)
産婦人科における診断および治療に関する基本的知識、基本的手技についての研修を行います。
北九州市小倉南区や京築地区の産婦人科地域医療に貢献することが使命であり、安全で機能的な分娩取り扱い施設として、また、婦人科がん治療や婦人科内視鏡手術の基幹病院として機能することにあります。

【ユニット】

(1) 医療面接

一般目標GIO
診断に必要な医療情報を得るための医療面接の能力を身につける。産婦人科特有の医療面接についても理解を深める。
行動目標SBOs
(1) 面接で聴取すべき事項を列挙できる。
(2) プライバシーの守れる環境(場所)を準備する。
(3) 月経歴、妊娠分娩歴、性交歴などの情報を的確に聴取できる。
(4) 産科学、婦人科学、不妊内分泌学に特有な病歴を的確に聴取できる。

(2) 身体診察

一般目標GIO
婦人の身体診察の重要性を理解し、内診、直腸診の技能を修得できる。
行動目標SBOs
(1) 一般的視診および腟鏡診が施行できる。
(2) 外診、内診、直腸診ができる。
(3) 妊婦へのLeopold触診法やBishopスコアーなどの評価ができる。
(4) 新生児のApgarスコアーやSilvermannスコアーが評価できる。
(5) 第二次性徴の評価ができる。

(3) 臨床検査

一般目標GIO
産婦人科診察に必要な種々の検査を実施あるいは依頼し、その結果を評価し、患者や家族にわかりやすく説明できる。
行動目標SBOs
(1) 基礎体温測定、頸管粘液検査、ホルモン測定、子宮卵管造影などの婦人科内分泌検査ができる。
(2) 妊娠の診断ができる。
(3) 細胞診、コルポスコピー、組織診などの癌の検査の結果を判断できる。
(4) 腟炎の検査ができる。
(5) 超音波検査、CT、MRI検査の結果を判断できる。
(6) 更年期障害に関する検査ができる。
(7) 検査の必要性や結果を説明できる。

(4) 基本的手技

一般目標GIO
産婦人科の検査および治療を適切に行うために、必要な基本的手技の重要性を理解し、かつ実行できる。
行動目標SBOs
(1) 採血ができる。
(2) 注射(静脈、筋肉、皮下、皮内)ができる。
(3) 輸液、輸血およびその管理ができる。
(4) 導尿ができる。
(5) 正常分娩の管理ができる。
(6) 婦人科の一般開腹術の助手ができる。

(5) 基本的治療法

一般目標GIO
産婦人科の一般的な疾患に対する、内科的治療、外科的治療、放射線治療の適応を理解するとともに、基本的な治療法については施行しうる。
行動目標SBOs
(1) 治療の適応を説明できる。
(2) 治療の副作用を説明できる。
(3) 婦人科における基本的疾患の薬物療法を施行できる。
(4) 基本的婦人科手術の助手ができる。
(5) 子宮頚癌の放射線治療の指示ができる。
(6) 婦人科癌に対する抗癌剤治療が指示できる。
(7) 会陰切開や子宮頸管裂傷の縫合ができる。
(8) 産婦人科救急に対して処置ができる。
(9) 治療の限界について説明ができる。

(6) 母子保健

一般目標GIO
母子保健統計について理解し、適切な保健指導を行うことができる。
行動目標SBOs
(1) 合計特殊出生率、妊産婦死亡率、周産期死亡率、新生児死亡率などを説明できる。
(2) 母子健康手帳の交付の手続きができる。
(3) 死産の届出ができる。
(4) 優性手術の適応を理解できる。
(5) 人工妊娠中絶の適応を理解できる。
(6) 労働基準法における妊産婦に関わる業務制限を理解できる。

(7) 救急医療

一般目標GIO
急性腹症を中心とする婦人科救急や産科救急、新生児救急の病態を理解し、基本的対応ができる。
行動目標SBOs
(1) 出血の程度を判断できる。
(2) ショックの病態を理解し、基本的対応ができる。
(3) 子宮外妊娠、卵巣出血の診断ができる。
(4) 卵巣腫瘍茎捻転の診断ができる。
(5) 胎児心拍陣痛図の判断ができる。
(6) 常位胎盤早期剥離や前置胎盤の診断ができる。
(7) 仮死状態の新生児の蘇生ができる。

産婦人科一ヶ月研修プログラム

選択必修科として1ヶ月間研修します。

プログラム

午前 産婦人科外来
病棟処置
午後 手術介助
病棟処置
分娩 介助

産科外来 :週3回午前中に産科外来に参加し、妊婦検診の実態を理解します。
婦人科外来 :週2回午前中に婦人科外来に参加し、予診や診療の状況を理解します。
病棟 :分娩、新生児の管理、褥婦の管理について学習します。
  産婦人科手術の術後管理について学習します。
手術介助 :開腹手術の助手として産婦人科手術の実際を学習します。

各種カンファレンス

火曜日 午後 回診および手術症例、良性疾患症例、産科症例カンファレンス
水曜日 午後 産科カンファレンス(ハイリスク妊娠)
木曜日 午前 悪性腫瘍カンファレンス
毎月1~2回 産婦人科病理細胞診カンファレンス

指導体制

指導責任者 :土岐 尚之(日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本臨床細胞学会細胞診専門医)
指導医 :北島 光泰(日本産科婦人科学会産婦人科専門医)
  :内村 貴之