トップページ 採用情報 > 臨床研修医募集

神経内科 初期臨床研修プログラム

1. 背景と特徴

当院は地域の中核病院として地域密着型の診療を行っています。多くの病院では神経内科が脳血管障害を担当するため入院の多くは脳血管障害になりがちですが、当院では脳血管内科があるために脳血管障害は脳血管内科が担当し、必然的に神経内科では脳血管障害以外の神経・筋疾患を数多く診ることができるという点で特徴ある病院だと考えます。
もちろん、脳血管障害に関してもStroke Unitの一員として脳卒中診療に参加しているため、救急外来での初期診断、治療に関しても研修して頂きますし、入院後でも自分が担当医となり、脳血管内科の専門医から直接指導を受けることも可能です。

2. 一般目標

神経系の基本的な診察方法と疾患の理解
プライマリーケアを行うために必要な臨床能力の修得

3. 行動目標

(1) 病歴聴取、コミュニケーション
患者本人およびその家族と適切な医療面接ができる。
(2) 基本診察
系統的な診察ができる。各神経に特有な診察法を理解する。
(3) 神経内科診療や疾患の特性を学ぶ
漠然とした症状の訴えが多くなることを理解し、疾患や重症度を迅速に判断し、適切なコンサルテーションができる。
(4) カルテ記載、回診での適切なプレゼンテーションができる。
(5) 神経内科の一員として指導医や先輩医師達とチーム医療が行える。

4. 経験目標

(1) 経験すべき神経内科的処置および手技
上級医・指導医のもとで、経鼻胃管挿入ができる。
上級医・指導医のもとで、髄液検査ができる。
(2) 薬物療法
パーキンソン病に対する薬剤の特徴を知り、処方できる。
てんかんに対する薬剤の特徴を知り、処方できる。
(3) 検査の判定
画像検査、生理検査の判読ができる。
髄液検査の判定ができる。
(4) 経験が求められる症候、病態
頭痛、しびれ、めまい、複視、嚥下障害、構音障害、失調、不随意運動
(5) 経験することが望ましい疾患
パーキンソン病、てんかん、重症筋無力症、髄膜炎、脳炎、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、ギランバレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、多発性硬化症

5. 研修期間

必修科として、1ヶ月間の研修となる。

6. 研修スケジュール

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 SUカンファ
病棟朝回診
病棟診療
SUカンファ
病棟朝回診
病棟診療
SUカンファ
抄読会
筋電図検査
SUカンファ
病棟朝回診
病棟診療
SUカンファ
病棟朝回診
病棟診療
午後 リハビリ回診
(2回/月)
病棟診療
回診
症例検討会
病棟診療
神経放射線カンファ(1回/月)
病棟診療
北九州神経カンファ(1回/月)
病棟診療

7. 指導体制

指導責任者 副島直子(部長)
神経内科医師 林田 翔太郎