トップページ 採用情報 > 臨床研修医募集

小児科 初期臨床研修プログラム

1. 背景と特色

小児科対象年齢児のプライマリーケアができるように研修します。
  ・新生児から思春期年齢まで、あらゆる年齢に対応します。
  ・研修医1人に指導医1人が一緒に診療と指導を行います。
  ・部長は小児内分泌専門医であるため、専門的医療も経験できます。
  ・九州労災病院の入院および外来において、プログラムを実施します。

2. 一般目標

小児の基本的な問診、診療、治療について習得する。
小児に特有な疾患を理解し、保護者へ適切に説明できるようになる。 
上級医あるいは専門医への適切な相談ができるようになる。

3. 行動目標

(1) 病歴聴取; 患児および保護者と適切な医療面接ができる
(2) 基本診療; 系統的な診療が出来る(問診→計測・診察→診断・検査→治療)
(3) 小児科特有の診療や疾患について説明できる
(4) 患児の病態把握およびその対策;病歴発表ないしコンサルテーションができる

4. 経験目標

(1) 小児処置; 患児へ必要な計測、採血、四肢制御、吸入、血管確保など。
(2) 検査  ; 小児の正常値などの判定。
(3) 治療  ; 薬物療法、小児薬用量・剤形など。
(4) 経験が求められる症候・病態
  ・発熱  
  ・皮膚症状 ; 発疹、湿疹
  ・腹部症状 ; 腹痛、嘔吐、下痢など
  ・呼吸器症状; 咳嗽、鼻汁、呼吸困難など
  ・循環器症状; 心雑音、不整脈、不定愁訴など
  ・成長障害 ; 低身長、肥満など
(5) 経験することが望ましい疾患
  ・新生児疾患; 仮死、黄疸など
  ・乳児疾患 ; 湿疹、予防接種など
  ・発疹性疾患; 麻疹、風疹、水痘など
  ・気道感染症; 上気道炎、気管支炎など
  ・呼吸器疾患; 気管支喘息など
  ・循環器疾患; 先天性心奇形、不整脈、起立性調節障害など
  ・神経疾患; 熱性けいれん、てんかんなど
  ・腎疾患  ; 蛋白尿、血尿、夜尿症、ネフローゼ症候群など
  ・消化器疾患; 胃腸炎、便秘症など
  ・アレルギー疾患; 気管支喘息、アトピー性皮膚炎、じん麻疹など
  ・内分泌疾患; 低身長、肥満、糖尿病など

5. 研修期間

  選択必修科として1ヶ月間。 
(1) 小児科外来  
(2) 小児病棟 ; 7階東小児科病棟
(3) 新生児病棟; 4階西産科病棟

6. 研修スケジュール

毎朝8:20~ 病棟回診
水曜日8:00~ 神経グループ抄読会&画像カンファ
水曜日14:00~ 乳幼児健診・予防接種外来
木曜日(2.4週)14:00~ 神経外来(徳永Dr:見学)
小倉小児科臨床懇話会 月1回:第4週木曜日
北九州地区小児科医会 月1回:第3週木曜日

7. 指導体制

指導責任者;河田 泰定(小児科部長)
登録指導医;中村 慶司(小児科医員)
登録指導医;島本 太郎(小児科医員)