トップページ 採用情報 > 臨床研修医募集

小児科 後期臨床研修プログラム

1. 目標

卒後2年間の初期臨床研修で学んだことを基礎として、さらに小児科領域における診察、診断、治療などの技術習得をし、小児科医としての自立を目標とします。ただし当院は日本小児科学会の専門医研修指定病院になっていないため、当院の研修のみで小児科専門医の資格を取得するのは困難と思われます。産業医科大学小児科と連携し、取得を目指します。

2. 研修期間

研修期間は初期研修後3年間です。

3. 研修内容の概要

病棟では指導医とともに小児科の入院患者を担当医として受け持ち、患者の管理、基本的診察法などについて経験を重ねます。また、指導医とともに初期研修医の教育指導を行います。また、外来は毎日担当し、初診、再診患者の診察、治療を行ないます。必要に応じて、院外研修も考慮いたします。


A 一般教育目標
(1)年齢に応じた病歴のとりかた、診察手技を習得し、鑑別診断をあげ診断および
  治療方針をたて、実行しえる。
(2)病状の重さを適切に判断しえる。
(3)疾病の診断、治療のみならず、子どもの健康保持と増進、さらに疾病、障害の早期発見、
  予防および対処方法について基本的な知識、技能を身につける。
(4)患児にかかわる問題を、医学的な面のみならず、人間的、社会的側面からもとらえ、
  患児およびその家族のための医療をおこなう態度を身につける。

B 個別行動目標

(1)検査、診断、治療手技:採血、点滴確保、注射法、腰椎穿刺、心電図を実施し、評価できる。

(2)救急外来を受診する子どもの重症度を判断できる。

(3)諸検査施行の際の、鎮静ができる。

(4)適切な専門医に、コンサルテーションすることができる。

(5)乳幼児健診および予防接種を実施できる。

(6)各年齢に応じた栄養法を理解する。

(7)先天異常の診断および子どもと家族の指導および援助ができる。

(8)小児に多い感染症を診断し、治療および生活管理ができる。

(9)肺炎、気管支炎、細気管支炎、中耳炎などの呼吸器感染症の診断および治療が出来る。

(10)適切な抗生薬、抗ウイルス薬が選択でき、使用できる。

(11)適切な輸液および輸血ができる。

(12)腸重積症の整復ができる。

(13)嘔吐下痢症の診断と治療ができる。

(14)痙攣および痙攣重積を適切に管理できる。

(15)髄膜炎、急性脳炎・脳症の診断と治療ができる。

(16)熱性痙攣の予防と生活管理ができる。

(17)小児の発達を評価でき、発達障害および心理的問題を専門医に紹介できる。

(18)重症の喘息発作を適切に管理できる。

(19)アレルギー疾患の治療方針をたて、生活指導ができる。

(20)先天性心疾患を診断し、心不全の治療ができる。

(21)川崎病の診断、治療と生活管理ができる。

(22)小児糖尿病の診断、治療と生活管理ができる。

(23)急性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群と尿路感染症の治療と生活指導ができる。

(24)小児のリウマチ性疾患、膠原病を診断し、指導医のもとで治療できる。

(25)その他の小児疾患のエビデンスに基づいた診断、治療等が適切に実施できる。

4. 指導医

研修指導医は以下の専門分野の指導を担当します。

 
研修指導医 役職 専門分野
河田 泰定 小児科科長
小児科部長
【専門】小児内分泌、小児科全般
日本小児科学会小児科専門医、日本内分泌学会内分泌代謝科指導医・内分泌代謝科(小児科)専門医
中村 慶司 小児科医師 【専門】喘息、アレルギー・感染症、小児科全般
日本小児科学会小児科専門医
島本 太郎 小児科医師 【専門】小児科全般

5. 教育に関する行事

以下の通り、病院内外で研修会、カンファレンス、学会などが行なわれており、積極的な参加が望まれます。

行事 日時
朝の回診 月~金曜日 8:15~8:30
症例検討会 毎週月曜日 午後
総合カンファレンス 第1木曜日 医局会後
CPC 偶数月第1水曜日 17:00~18:00
小倉小児科臨床懇話会 月1回第2木曜日
北九州地区小児科医会 月1回第3木曜日
日本小児科学会福岡地方会 年5回
日本小児科学会総会および分科会 -