トップページ > がん治療

がん治療

 わが国では1981年よりがんが死因の第一位となり、最近では三人に一人ががんで亡くなっています。また、二人に一人が生涯でがんに罹っています。
 九州労災病院ではがん診療を診療の柱の一つとして、機能の拡充をすすめています。手術・内視鏡治療をはじめとして、化学療法・放射線療法に必要なスタッフの充実をはかり、患者さんが増加しております。また、がん相談支援センターを設置して、患者さんの様々なご相談に対応しております。
 緩和ケアにおいては、治療の早い時期から専門看護師が対応し、緩和ケアチームが活動しています。
 患者さんに寄り添い、ご期待に応えるがん治療を多職種一丸となって目指していきます。

がん治療
緩和ケア
緩和ケアチームのご案内 緩和ケア研修会修了者名簿 緩和ケア外来のご案内 緩和ケアマップ
がん相談支援センター
がん相談支援センターのご案内 がん教育
化学療法
化学療法のご案内
放射線治療
放射線治療科
患者サロン
がんサロンのご案内
セカンドオピニオン
セカンドオピニオン外来
実 績
内科 外科 整形外科 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 耳鼻科 放射線治療科
がん登録
2016年がん登録件数 2017年がん登録件数
PDCAサイクル
がんのPDCAサイクル