九州労災病院

トップページ >新着情報 > 医療関係者向け新着情報

医療関係者向け新着情報

アスベスト疾患センターよりお知らせ

 

今回、槇原医師、吉田技師が独立行政法人労働者健康福祉機構主催の「アスベスト小体計測講習会」を受講、修了しました。本講習会には平成17年より受講を継続、精度管理にも協力し成果をあげております。
これにより、アスベスト疾患センターの分析部門・病理科の医師(槇原)、技師(金澤、吉田、淋)全員が講習会を修了しました。当センターでは、全国で標準化された計測法によるアスベスト小体の計測が可能となっており、九州では九州労災病院、長崎労災病院が環境再生保全機構と協力し、分析業務に当たっております。
アスベスト小体計測は、これから約半世紀の間、発症・増多していくアスベスト曝露被害者の方々への多大な貢献となります。(詳細は部門紹介「アスベスト疾患センター」をご覧下さい。)