トップページ患者さん向け診療科のご紹介 > 外科

外科

診療科の特色 対象とする主な疾患 外来担当医師一覧
診療実績 研究活動  
 

診療科の特色

当科では消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、結腸、直腸、肛門)、肝胆膵(肝臓、胆嚢、胆管、膵臓、脾臓)、呼吸器、乳腺などの悪性疾患をはじめ、ヘルニア、胆石、虫垂炎、気胸などの良性疾患と幅広く手術を行っています。悪性疾患については手術だけではなく抗癌剤治療や放射線治療といった集学的治療や緩和ケア、栄養サポートなど、患者さんの生活の質(QOL)を下げずにより良く生活して頂けることを目標として治療を行っています。また当院は救急告示病院であり、ほとんどの胸部、腹部外科緊急手術に24時間対応できる体制をとっています。

 

対象とする主な疾患

消化器外科

外科手術の主流となりつつある鏡視下手術を取り入れ、急性虫垂炎や胆石症、胃十二指腸潰瘍穿孔などの良性疾患はもとより、食道癌、胃癌、大腸癌などの悪性疾患に対しても鏡視下手術を積極的に行っており、その件数は年々増加しております。鏡視下手術を行うことによって根治性を損なわず、低侵襲性を高めるよう努めています。また良性疾患については単孔式や減孔式腹腔鏡下手術など、さらに整容性に優れた手術も行っております。

肝胆膵外科

胆石症や肝臓・胆道・膵臓の悪性疾患に対して、内科・放射線科との連携で集学的治療を行っています。肝臓癌に対しては、肝切除・ラジオ波凝固療法・血管造影による肝動脈塞栓・肝動注化学療法を組み合わせ、胆道癌・膵臓癌に対しては、拡大切除から縮小手術・胆管ステント留置まで、それぞれの患者さんに対して最も適切な治療を行えるよう心がけています。肝胆膵領域においても鏡視下手術が徐々に保険適応となっており、保険適応のある手術(肝部分切除、外側区域切除、膵の良性腫瘍、低悪性度の膵体尾部腫瘍)に対して鏡視下手術を導入しています。

呼吸器外科

対象疾患は、原発性肺癌や転移性肺癌を中心とした腫瘍性疾患、気胸などの嚢胞性肺疾患、縦隔腫瘍や重症筋無力症、胸腺および胸壁腫瘍、膿胸などです。これまで気胸などの良性疾患に対しては以前より完全胸腔鏡下手術を行っておりましたが、肺癌に対しても完全胸腔鏡下手術を適応に応じて取り入れています。低侵襲な手術、肺機能を温存した縮小手術、さらには拡大手術までそれぞれの患者さんに対して適切な治療を心がけています。

乳腺外科

乳腺外科では、乳癌や良性疾患に対するマンモグラフィーや超音波検査、MRI、生検による正確な診断を行い治療法を検討しています。乳癌に対しては乳房全摘術のみならず乳房温存手術やセンチネルリンパ節生検を積極的に行っています。また抗癌剤や免疫療法、ホルモン療法、放射線療法といった集学的治療を行うことによって根治性を心がけながら患者さんの生活の質(QOL)を低下させないよう努めています。

救急外科

24時間体制で心臓・血管外科を除くほぼすべての外科緊急手術に対応しており、平成28年(1月~12月)の緊急手術件数は108件でした。手術、とりわけ緊急手術においては麻酔科医の協力が不可欠ですが、当院では麻酔専門医の協力のもと迅速で安全な緊急手術を行っております。

 

外来担当医師一覧

担当医 時間帯
≫福山 時彦 午 前 × × ×
午 後 × × ×
≫八谷 泰孝 午 前 × × ×
午 後 × × ×
≫田村 和貴 午 前 × × × ×
午 後 × × × ×
≫中村 賢二 午 前 × × ×
午 後 × × ×
≫北原 光太郎 午 前 × × ×
午 後 × × ×
≫中島 洋 午 前 × × ×
午 後 × × ×
≫荻野 利達 午 前 × × × ×
午 後 × × × ×
≫長尾 祐一 午 前 × × × ×
午 後 × × × ×
≫尾立 西市 午 前 × × × ×
午 後 × × × ×
≫中本 充洋 午 前 × × × ×
午 後 × × × ×
≫堀岡 宏平 午 前 × × × ×
午 後 × × × ×
≫藤本 崇聡 午 前 × × × ×
午 後 × × × ×

※原則として、午後は急患のみ。
※乳腺外来は月~金曜日(対応可)です。
※呼吸器外科は八谷・田村・尾立です。
※緩和ケア外来の木曜日八谷は14:00~16:00(院内紹介のみ)です。

 

診療実績

   
  平成28年 平成29年
食道
(食道癌・食道裂孔ヘルニアなど)
食道癌 1(1) 3(3)
その他 2(2) 2(0)
胃・十二指腸
(胃癌・胃十二指腸潰瘍など)
胃全摘術 18(2) 8(3)
胃切除術 24(16) 24(16)
胃局所切除術 3(3) 6(5)
その他 8(5) 13(4)
小腸・結腸・虫垂
(結腸癌・結腸腫瘍・虫垂炎など)
小腸切除術 15(4)5(2)
結腸切除術 68(50)72(58)
虫垂炎手術 33(32) 34(31)
腸閉塞手術 8(0) 20(2)
人工肛門造設・閉鎖術 21(3) 24(2)
その他 9(0) 9(0)
直腸・肛門
(直腸癌・痔核・痔瘻など)
直腸切除術 21(20) 29(27)
直腸切断術 1(0) 3(3)
肛門疾患手術 2(0) 3(0)
その他 4(0) 1(1)
肝・胆・膵・脾
(肝癌・膵癌・胆管癌・胆石症など)
肝切除術 16(1) 17(5)
胆嚢摘出術 105(90) 84(80)
膵頭十二指腸切除術 12(0) 5(0)
膵切除術 3(1) 2(0)
脾臓摘出術 0(0) 3(1)
その他 5(0) 3(0)
腹膜・後腹膜 ヘルニア手術 46(14) 74(6)
その他 0(0) 14(2)
乳腺(乳癌など) 乳房全摘術 23(0) 23(0)
乳房温存手術 8(0) 11(0)
その他 6(0) 16(0)
呼吸器・縦隔
(肺癌・気胸など)
肺切除術 26(21) 37(31)
肺その他 12(8) 14(9)
縦隔腫瘍 2(0) 1(1)
頸部 甲状腺手術 0(0) 0(0)
副甲状腺手術 0(0) 0(0)
その他 0(0) 1(0)
末梢血管 静脈瘤手術 1(0) 0(0)
その他 70(0) 80(0)
手術総数       612       644
総数(鏡視下手術)

年間手術症例数の推移

年間の手術症例数は増加傾向で、2016年より600例を超え、2017年は644例とさらに増加しています。

癌腫別手術数の推移

がん種別では胃がんは減少傾向ですが、結腸がん・直腸がんは増加傾向です。乳がんや肺がんも増加傾向です。

胃癌手術症例数の推移

胃がんの手術症例数は徐々に減少傾向です。早期胃がんと一部の進行胃がん(約40%前後)に対しては、腹腔鏡下手術を行っています。

結腸癌手術症例数の推移

結腸がんの手術症例数は増加傾向です。かなり進行したものも含め約80%は、腹腔鏡下手術を行っています。

直腸癌手術症例数の推移

直腸がんは2016年はやや減少しましたが、増加傾向です。結腸がん以上に腹腔鏡下手術の割合が高くなっています。

肝臓・胆膵癌手術症例数の推移

肝臓がん・膵胆管がんに対する手術は、年により増減があります。2017年は膵胆管がんが減少しました。

乳癌・肺癌手術症例数の推移

乳がん・肺がんともに手術は増加傾向です。肺がんの手術も胸腔鏡下手術が増えています。

胃癌の病期別生存率

 

研究活動

外科における研究活動について

当院の外科では患者さんのより良い医療、早期社会復帰を目指して、毎年、全国の労災病院と協力した外科共同研究に参加しております。
平成30年度は平成29年11月1日から平成30年10月31日までに、当院で行う胃癌、大腸癌および肺癌の手術症例のうち高齢者(75歳以上)を対象として、既存資料による調査を行います。この調査の目的は、高齢者における周術期管理の推奨方法の同定です。これはデータを用いた研究で治療に何ら影響することはなく、常に患者さんの安全と個人情報の管理に配慮しておりますので、ご理解の上ご協力くださいますようお願いいたします。
なお、対象となる患者さんで、ご自身の治療データを当該研究に使用することを承諾いただけない方は、当該研究の責任医師である、当院副院長 福山時彦(電話 093-471-1121)までご連絡くださいますようお願いいたします。